Read Article

2ヶ月待ち?!東京にある"詰まりすぎ"なあんぱんが最高すぎる


Sponsored Link

日本人なら好きな人が多いと思われる「あんぱん」。東京では銀座の木村屋總本店はもちろん、最近では豆一豆(まめいちず)などが有名ですが、今回は予約待ちも出るほどのスゴいうすかわあんパンをゲットしました。本当にスゴいです。

お店は商店街の一角に

今回行ったお店は東京・江東区にある大島駅からほど近い「中の橋商店街」にあります。駅から歩いて3分くらい。商店街に入って程なく目的のお店がありました。

店の名は…「メイカセブン」

大島駅側から商店街へ入って右側にあります。メイカセブン。この日は土曜日で開店8時30分の前に到着したのですが既に10名程度並んでいました。朝から並ぶとは人気店なのだなということがうかがえます。

パン屋さんなのでメロンパンなど様々な商品ラインナップがありました。そしてついに開店。

お目当てのあんぱんを発見!


Sponsored Link

様々な美味しそうなパンに気を取られそうになりましたが、今回の目的であるうすかわあんパンを探して発見しました。

あんぱんはおぐらあん(つぶあん)・こしあんの2種類(各185円)ありますが、開店してものの3分くらいで最初に並べてあったつぶあんは残り2個。もちろん追加されるのですが勢いがすごかったです。こしあんぱんの並んでいる写真を撮ろうと思っていましたがそんな余裕はなく…苦笑

大人気あんぱんということもあり、「お1人様1会計あたり5個まで」という個数制限がありました。そのため、複数人で来ている方はつぶあん・こしあんで買う個数を決めて戦略的に買っている方も。まさにあんぱん戦争。あんぱんだけでなく、

こちらの「77%ぶどうぱん」もメイカセブンの人気商品。こちらを買う人も多くいらっしゃいました。無事お目当てのあんぱんを買えたので早速家に帰り実食。

詰まりすぎ…最高!

切ってみると…

ツマッテマス。

七味の瓶と並べてみました。詰まりすぎ!とツッコミをいれたくなるほど詰まっています。あんパンというよりパンあん?いや、あんあんか…というくらいあんぱんの概念を打ち破るような見た目です。実際重さが200g以上あり、トレイに乗せた時から「これは違う…!」感はありました。

これだけ詰まっているあんぱんですが、甘すぎることなくあんがとても美味しかったです。あん好きにはたまりません!一人でこれ1つだと1日持ちそうなくらいの満足感たっぷりなあんぱんです。

予約も可能!

こちらのうすかわあんパン・先ほど紹介した77%ぶどうぱんは取り置き予約も可能です。ただし、この日行った時はぶどうぱんが約2週間待ち、あんパンは2ヶ月以上の待ちでした。

購入方法は2つ。①取り置き予約をする。②当日購入。平日(火〜金)は9:30オープン、土日は8:30オープンなのでそこに合わせて行けば買えます。(個数制限ありですが状況によっては売り切れる可能性ももちろんあります)

東京の方のみならず、甘いもの好き・あんぱん好きの方には超オススメです!一度足を運んで"詰まりすぎ"を食べてみてください。喫茶スペースもあるので休憩等にも使えます。

店舗情報

住所:東京都江東区大島7-2-1

営業時間:(火曜〜金曜)9:30〜20:30、(土日祝日)8:30〜20:30 月曜定休

 2019年8月21日1006
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top